kernelをアップデートしたらjsvcがクラッシュしてTomcatが正常に起動しない

kernelをアップデート後、サーバを再起動し、サービスの起動確認を行ったところ、なぜか「Internal Server Error」。
プロセスは起動していたが、以下のようなログが出力されていて焦る。

・環境
kernel-2.6.32-696.3.2.el6.x86_64
glibc-2.12-1.209.el6_9.2.x86_64
apache-tomcat-8.0.32
jdk-1.7.0_40-fcs.x86_64

原因不明

glibcとkernelをdowngradeするも現象変わらず、ますます焦る。
問題切り分けでjsvcでdaemonとして起動させる場合にのみクラッシュする事が判明。
とりあえず適当にググる。

https://access.redhat.com/solutions/3091371

どうやらこの修正でヒープとスタックの割り当てのサイズが削減された事が原因の模様。
CVE-2017-1000364
CVE-2017-1000366

https://issues.apache.org/jira/browse/DAEMON-364
この辺りの情報を参考に起動オプションに「-Xss1280k」を追加。

javaプロセスをkillし、Tomcatを起動。
無事正常に動作しました。

Author: soh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA